sp_menu

ショウジョウバエの老化モデルを用いて アンチエイジング物質の評価、同定に成功(サントリー健康科学研究所との産学共同研究)

 バイオメディカル研究分野の井上喜博 准教授と大学院生Le Tuan Datさんらは、サントリーウェルネス株式会社の健康科学研究所との共同研究により、ショウジョウバエの早期老化モデルを用いて、リグナン化合物の1種Sesaminが生体老化の進行を抑制する効果があることを明らかにしました。

 従来の老化メカニズムならびに抗老化物質の研究には哺乳類のモデルが使われて来ましたが、結果を得るのに数年かかるという問題点がありました。一方、当分野ではショウジョウバエの早期老化モデルを作製しました。この成虫では、種々の病気や老化の主な原因と考えられている活性酸素種を除去する活性が低下しています。このため、老化表現型が正常個体よりも早く表れます。さらに成虫の筋肉、神経系および消化管の細胞に表れる老化表現型を調べることにより、生体老化の進行を定量化する方法も確立させています。この実験系を用いると、老化の進行ならびにこれを抑える効果がある薬剤等をより短期間で評価、同定できます。Sesaminには哺乳類培養細胞に対する抗酸化効果、抗腫瘍効果があり、薬剤によるラット肝の酸化損傷モデルを抑制する効果も知られていますが、老化に対する効果については十分な証拠が得られていませんでした。本研究では、この物質がショウジョウバエ体内でも哺乳類と同じ様に吸収、代謝されること、成虫寿命を延長させるとともに、加齢に伴う行動量低下を抑制することを見出しました。さらに筋肉老化インデックスの増加抑制、ドーパミン神経の酸化損傷の抑制、消化管幹細胞に見られる老化表現型の抑制がみられることも明らかにしました。当分野では、ショウジョウバエの実験系を用いて、生体老化を抑制するアンチエイジング物質を探索、同定するとともに、それらの作用機構の解明も進めています。

 

T.D. Le, Y. Nakahara, M. Ueda, K. Okumura, J. Hirai, Y. Sato, D. Takemoto, N. Tomimori, Y. Ono, M. Nakai, H. Shibata, and Y.H. Inoue. Sesamin suppresses aging phenotypes in adult muscular and nervous systems and intestines in a Drosophila senescence-accelerated model.
Eur Rev Med Pharmacol Sci 2019; 23 (4): 1826-1839. DOI: 10.26355/eurrev_201902_17146

→PDFファイルはこちら