sp_menu

課程・専攻での生活

4月 京都工芸繊維大学での一年が始まります

入学式(京都コンサートホール)とともにキャンパスライフが始動します。なお、大学院については、4月入学と秋入学がございます。

洛北の静かなキャンパス環境とキャンパスから見える比叡山(松ヶ崎キャンパス)

 

4月 1年次 新入生研修セミナーが開催されます

同級生やスタディーアドバイザーの教員・先輩学生との楽しい談話を通して、大学生活に取り組みやすい環境を整えていきます (嵯峨キャンパス)
 
 

1年次前期 自然観察学・生物生産学実習が開講されます (嵯峨キャンパス)

仲間と楽しく 自然を観察し 作物を栽培・収穫することで まず生き物になじみます。
 
 

自然豊かな嵯峨キャンパス

 

1年次から学外のイベントに挑戦する学生もいます

 

iGEMで金賞とベストポスター賞を受賞

米国マサチューセッツ工科大学で開催されたiGEM(国際遺伝子改変マシーンコンテスト)世界大会に応用生物学課程学生を中心とする本学チーム「KIT-Kyoto」が参戦しました。iGEMは、ハーバード大学など世界有数の大学の学部生が中心となり、設計・作製した遺伝子改変生物あるいはそのパーツを登録し、またアイデアをWebページで紹介し、総合力を競う国際大会です。

2010年度は世界各地から130チーム、約1,500名が参加し、日本からは東大、京大、阪大など9チームが参加しました。本チームのプロジェクト「大腸菌ペン」は高い評価を受けて、金賞とベストポスター賞を受賞し、京都新聞やYahoo Japanトップニュースでも「大腸菌アート」として大きく報道されました(http://sciencejournal.livedoor.biz/archives/2684407.html)。

 

2年次から講義と連動した実験・実習が開始されます

 
 

2年次前・後期と3年次前期に行う学生実験の主な内容

化学基礎実験

中和滴定、電位差滴定、アセチル酸合成、糖の定量と消化、薄層クロマト、キレート滴定と鉄イオン濃度測定、蛋白質の定量とイオンクロマトグラフィー、核酸の定量 など

生物学基礎実験

大腸菌とファージ、微生物の増殖、昆虫と脊椎動物の形態観察、植物の気孔、自然免疫機構、動物の胚発生 など

生物機能学・分子生物学実験ⅠおよびⅡ

ゲノムDNA損傷と細胞修復、遺伝子マッピング、外来遺伝子発現、ウィルス蛋白質と核酸解析、プラスミドDNA調節、DNA物理地図、DNA抽出と分析、酵素の精製と活性測定、酵素反応速度論、細胞分画と純度検定、酵素抗体反応、昆虫の脱皮と変態、色素関連分子の分離、細胞のプログラム死、発酵食品製造実験、電子顕微鏡観察、運動神経生理学、哺乳動物の組織観察、神経伝達物質の作用、薬物の血管透過性、レーザー顕微鏡を用いた免疫組織化学、透過性、蛋白質のX線結晶解析、植物のオルガネラ観察、植物の光合成機能、植物の維管束の機能、ニンジンカルス、作物の収量調査、など

 

同時に、2年次から英語講読演習も始まります

少人数のクラスで英語力を鍛え、最新の学術情報を自らの力で速やかにつかめる国際力を身につけます。

 

3年次後期から各研究室に配属されます

いよいよ 研究室生活が始まります。

研究室では、自分専用の机が準備され、そこを拠点に大学生活を送るようになります。
研究室のセミナーでは教員と学生が活発に論議をします。
 
 

自身の研究成果を学会等や論文などで発表します

大学の外に出て、自分を見直すと同時に、学外・他大学の先生や仲間と知り合う機会です。
 
 

活躍する大学院生

研究活動が認められ、表彰される大学院生もいます。

2011年 森田晶子さん

第11回日本神経内分泌学会若手研究奨励賞受賞

http://www.nacos.com/jns/j/

現在は 奈良県立医科大学・助教として活躍

 

2014年 田中 領くん

文科省・サイエンス・インカレ奨励賞受賞

http://www.science-i.jp/backnumber/2013.html

 

応用生物学課程・専攻の一体感を大事にしています

例えば、研究室と学年対抗ソフトボール大会(10月)が開催されます。先生と学生、研究室、学年の垣根を越えて交流します。
 
 

2月 卒業論文、修士・博士論文の作製ならびに公聴会

研究の集大成をまとめ、発表します。

 
 

3月 課程卒業、大学院修了

卒業後も、遊びに、共同研究・営業等と理由はさまざまですが、多数が元気な顔を見せに大学に立ち寄ってくれます。