sp_menu

応用ゲノミクス研究分野

教授 伊藤 雅信

Masanobu Itoh, Ph.D. Professor

「遺伝子の世紀」と言われた21世紀も16年が経過し、遺伝子やゲノムに関する解明はますます目を瞠る速さで進展しています。日々刷新される知見の意味を理解し、新たな謎の解明をすべく、私たちはともに課題を発見し深く掘り下げ、探求できる人材を求めています。

研究・教育

ヒトをはじめ多くの生き物のゲノム情報が明らかになるに連れて、これまで細分化の一途をたどってきた生物学の各分野が、「遺伝子」 や「ゲノム」の視点によって統合されつつあります。私たちの研究室では、カイコやショウジョウバエなどの昆虫を材料として、生命現象の分子的基盤をゲノム の可塑性、エピジェネティック制御を含む遺伝子発現調節の観点から研究しています。これらの成果から真核生物の遺伝システムの成り立ちを探求するととも に、遺伝子改変生物作出や生物多様性の保全などへの応用を視野に入れた先端技術の開発を目指します。

研究課題

  1. 転移因子(動く遺伝子)の制御機構の解明と新規遺伝子システムの開発
  2. 昆虫組織(複眼、内部生殖器官など)形成の関連遺伝子群とその制御機構の解明
  3. ZW型性決定をする生物の妊性関連遺伝子の探索
  4. ショウジョウバエやクワコ集団の遺伝的多様性の生成と維持機構の解明
  5. テロメア領域におけるエピジェネティック因子の共進化機構の解明

業績

  1. Yukuhiro, K., Iwata, K., Kômoto, N., Tomita, S., Itoh, M., and Kiuch, M. (2012) Nucleotide sequence of mitochondrial cytochrome C oxidase subunit I (COI) gene show clear differences between the domesticated silkmoth Bombyx mori and the wild mulberry silkmoth Bombyx mandarina from Japan.

    J. Insect Biotec. & Sericol. 81: 29-35.

  2. Nishimura, A., Ishida, Y., Takahashi, A., Okamoto, H., Sakabe, M., Itoh, M., Takano-Shimizu, T., and Ozaki, M. (2012) Starvation-induced elevation of taste responsiveness and expression of a sugar taste receptor gene in Drosophila melanogaster.

    J. Neurogenetics 26: 206-215.

  3. Itoh, M., Nanba, N., Hasegawa, M., Inomata, N., Kondo, R., Oshima, M., and Takano-Shimizu, T. (2010) Seasonal changes in the long-distance linkage disequilibrium in Drosophila melanogaster.

    J. Hered. 101: 26-32.

  4. Watanabe, Y., Takahashi, A., Itoh, M., and Takano-Shimizu, T. (2009) Molecular spectrum of spontaneous de novo mutations in male and female germ line cells of Drosophila melanogaster.

    Genetics 181: 1035-1043.

  5. Itoh, M., Takeuchi, N., Yamaguchi, M., Yamamoto, M-T. and Boussy, I. A.(2007) Prevalence of full-size P and KP elements in North American populations of Drosophila melanogaster.

    Genetica 131: 21-28.

研究室

教授

伊藤 雅信

e-mail:mitoh [–at–] kit.ac.jp

助教

加藤 容子

e-mail: ykato [–at–] kit.ac.jp