sp_menu

応用ゲノミクス

教授 伊藤 雅信

Masanobu Itoh, Ph.D. Professor

 「遺伝子の世紀」と言われた21世紀も19年が経過し、遺伝子やゲノムに関する解明はますます目を瞠る速さで進展しています。日々刷新される知見の意味を理解し、新たな謎の解明をすべく、私たちはともに課題を発見し深く掘り下げ、探求できる人材を求めています。

研究・教育

 ヒトをはじめ多くの生き物のゲノム情報が明らかになるに連れて、これまで細分化の一途をたどってきた生物学の各分野が、「遺伝子」 や「ゲノム」の視点によって統合されつつあります。私たちの研究室では、カイコやショウジョウバエなどの昆虫を材料として、生命現象の分子的基盤をゲノム の可塑性、エピジェネティック制御を含む遺伝子発現調節の観点から研究しています。これらの成果から真核生物の遺伝システムの成り立ちを探求するととも に、遺伝子改変生物作出や生物多様性の保全などへの応用を視野に入れた先端技術の開発を目指します。

研究課題

  1. 転移因子(動く遺伝子)の制御機構の解明と新規遺伝子システムの開発
  2. 昆虫組織(複眼、内部生殖器官など)形成の関連遺伝子群とその制御機構の解明
  3. ZW型性決定をする生物の妊性関連遺伝子の探索
  4. ショウジョウバエやクワコ集団の遺伝的多様性の生成と維持機構の解明
  5. テロメア領域におけるエピジェネティック因子の共進化機構の解明

業績

  1. Wakisaka KT, Tanaka R, Hirashima T, Muraoka Y, Azuma Y, Yoshida H, Tokuda T, Asada S, Suda K, Ichiyanagi K, Ohno S, Itoh M, Yamaguchi M. (2019) Novel roles of Drosophila FUS and Aub responsible for piRNA biogenesis in pathogenesis of a fly ALS mode. Brain Res 1708:207-19.
  1. 河本 夏雄・行弘 研司・木内 信・阪口 洋樹・和田 旭紘・伊藤 雅信・小瀬川 英一・中村 匡利・池田 真琴・木内 彩絵・桑原 伸夫・金児 雄・比留間 潔・水谷 信夫・浅野 眞一郎・石橋 純・飯塚 哲也・神村 学・志村 幸子・瀬筒 秀樹・冨田 秀一郎 (2019) 日本におけるクワコの生息地域:フェロモントラップを用いた調査. 蚕糸・昆虫バイオテック 88: 56-63
  1. Yoshitake Y, Inomata N, Sano M, Kato Y, Itoh M. (2018) The P element invaded rapidly and caused hybrid dysgenesis in natural populations of Drosophila simulans in Japan. Ecol Evol. 8:9590-9. doi: 10.1002/ece3.4239. eCollection 2018 Oct.
  1. Abe H, Alavattam KG, Kato Y, Castrillon DH, Pang Q, Andreassen PR, Namekawa SH. (2018) CHEK1 coordinates DNA damage signaling and meiotic progression in the male germline of mice. Hum Mol Genet. 27:1136-49. doi: 10.1093/hmg/ddy022.
  1. Itoh M, Kajihara R, Kato Y, Takano-Shimizu T, Inoue Y. (2018) Frequencies of chromosome Frequencies of chromosomal inversions in Drosophila melanogaster in Fukushima after the nuclear power plant accident. PLoS ONE 13: e0192096.  doi: 10.1371/journal.pone.0192096. eCollection 2018.
  1. Wakisaka KT, Ichiyanagi K, Ohno S, Itoh M. (2018) Association of zygotic piRNAs derived from paternal P elements with hybrid dysgenesis in Drosophila melanogaster. Mob DNA. 9:7. doi: 10.1186/s13100-018-0110-y. eCollection 2018.
  1. Alavattam KG, Kato Y, Sin H, Maezawa S, Kowalski I, Zhang F, Pang Q, Andreassen PR, Namekawa SH. (2016) Elucidation of the Fanconi Anemia Protein Network in Meiosis and Its Function in the Regulation of Histone Modifications. Cell Rep. 17:1141-57. doi: 10.1016/j.celrep.2016.09.073.
  1. Kato Y, Alavattam KG, Sin HS, Meetei AR, Pang Q, Andreassen PR, Namekawa SH. (2015) FANCB is essential in the male germline and regulates H3K9 methylation on the sex chromosomes during meiosis. Hum Mol Genet. 24:5234-49. doi: 10.1093/hmg/ddv244. Epub 2015 Jun 29.

研究室

教授

伊藤 雅信

e-mail:mitoh [–at–] kit.ac.jp

助教

加藤 容子

e-mail: ykato [–at–] kit.ac.jp