sp_menu

昆虫バイオメディカル研究部門 バイオメディカル学

教授 井上 喜博

Yoshihiro Inoue, Ph.D. Professor

HP

 昆虫バイオメディカル研究部門では、(1)染色体が細胞から細胞へ、親から子へ伝達される機構、(2)白血病モデルとなるショウジョウバエの突然変異体が癌化する機構、(3)遺伝子や細胞が損傷を受けた際の応答機構、そしてそれら損傷の蓄積により、(4)個体が老化する機構,および(5)インスリンを分泌する組織が機能低下して糖尿病を発症する機構について、遺伝子レベルでの理解をめざした研究をおこなっています。研究材料として遺伝子研究に最適なショウジョウバエを用いています。 これらの研究は、癌、ダウン症などの遺伝病、糖尿病などの病気がおきる原因の解明、生体老化の理解、さらに治療薬の開発にも役立ちます。

研究・教育

 我々のからだは40兆個もの細胞で構成されていますが、どの細胞にも同じ数の染色体が含まれています。一方、癌細胞では染色体の数や構造が異常ですが、その原因についてはよくわかっていません。本分野が開発した蛍光イメージ法を使うと、ショウジョウバエの染色体や細胞内小器官が娘細胞に伝達されるようすを詳しく解析できます。細胞分裂に必要な遺伝子を明らかにすることができます。このような遺伝子は真核生物に共通なので、ヒトの細胞分裂遺伝子の同定、細胞癌化の理解、癌の遺伝子診断や治療薬の開発にも役立ちます。また、染色体が親から子に伝達される際にも同じ遺伝子が使われるので、染色体数が異常なダウン症などがおきる原因解明にもつながります。バイオメディカル学分野は、昆虫先端研究推進拠点の昆虫バイオメディカル研究部門において学生の教育研究をおこなう分野です。他に糖尿病や老化の研究もおこなっています。このような教育研究を通して、バイオメディカル分野の研究者や先端技術者を養成しています。

研究課題

  1. 細胞分裂と細胞癌化に関する研究
  2. 遺伝子DNAの損傷と生体老化に関する研究
  3. 細胞ストレスと糖尿病の発症に関する研究
  4. ショウジョウバエを用いた創薬に関する研究

業績

  1. Tanabe K, Awane R, Shoda T, Yamazoe K, Inoue YH. (2019) Mutations in mxc tumor-suppressor gene induce chromosome instability in Drosophila male meiosis. Cell Struct Funct. 44:121-135.
  1. Araki M, Kurihara M, Kinoshita S, Sato T, Ohkawa Y, Inoue YH. (2019)Anti-tumor effects of antimicrobial peptides, components of the innate immune system, against hematopoietic tumors in Drosophila mxc mutants. Dis. Models Mech.12:dmm037721.
  1. Okumura K, Nishihara S, Inoue YH. (2019) Genetic identification and characterization of three genes that prevent accumulation of oxidative DNA damage in Drosophila adult tissues. DNA Repair 78:7-19.
  1. Ueda M, Sato T, Ohkawa Y, Inoue YH. (2018) Identification of miR-305, a microRNA that promotes ageing, and its target mRNAs in Drosophila. Genes Cells 23: 80-93.
  1. Hayashi D, Tanabe K, Katsube H, Inoue YH. (2016) B-type nuclear lamin and the nuclear pore complex Nup107-160 influences maintenance of the spindle envelope required for cytokinesis in Drosophila male meiosis. Biol Open 2016 5:1011-1021. doi:10.1242/bio.017566.
  1. Oka S, Hirai J, Yasukawa T, Nakahara Y, Inoue YH. (2015) A correlation of reactive oxygen species accumulation by depletion of superoxide dismutases with age-dependent impairment in the nervous system and muscles of Drosophila adults. Biogerontol. 16:485-501.
  1. Kitazawa D, Matsuo T, Kaiduka K, Miyauchi C, Hayashi D, Inoue YH. (2014) Orbit/CLASP is required for myosin accumulation at the cleavage furrow in Drosophila male meiosis. PLoS ONE 9, e93669.
  1. Miyauchi C, Kitazawa D, Ando I, Hayashi D, Inoue YH. (2013) Orbit/CLASP is required for germline cyst formation through its developmental control of fusomes and ring canals in Drosophila males. PLoS ONE 8, e58220.
  1. Kitazawa D, Yamaguchi M, Mori H, Inoue YH. (2013) COPI-mediated membrane trafficking is required for cytokinesis in Drosophila male meiotic divisions. J Cell Sci. 125:3649-60.
  1. Inoue, YH, Savoian, M, Suzuki, T, Mathe, M, Yamamoto, M, Glover, DM. (2004) Mutation in orbit/mast, reveal that the central spindle is comprised of two microtubule populations; those that initiate cleavage and those that propagate furrow ingression. J Cell Biol. 166:49-60.

研究室

URL https://sites.google.com/site/ibmrcdrosophila/home
部門長

井上 喜博

e-mail:yhinoue[ — at — ]kit.ac.jp

教授

井上 喜博

e-mail:yhinoue[ — at — ]kit.ac.jp