sp_menu

微生物工学研究分野

教授 鈴木秀之

Hideyuki Suzuki, Ph.D. Professor

鈴木HP   井沢HP

微生物は私たち人類 の生活になくてはならないものです。かびや放線菌が作る抗生物質がなければ、ちょっとしたケガでも致命的かも知れません。微生物は多くのゴミを分解して生 物が再利用できる物質に変換してくれています。もし、微生物がいなければ地球はゴミでおおわれてしまいます。私たちにパン、チーズ、漬け物、ヨーグルト、 醤油、お酒等々、数え切れない種類の食品を提供してくれているのも微生物です。また、植物の遺伝子操作に用いられるアグロバクテリウム法は、アグロバクテ リウムというバクテリアの性質を利用した方法です。

研究・教育

私たちの研究分野では、バクテリア、酵母などの微生物の様々な生命現象をDNA、RNA、タンパク質などの分子レベルで 解析、解明することを目的とした基礎研究と、その研究成果を環境、食品、医療分野へ応用することを目指した応用研究を行っています。 研究内容の詳細については、研究室のホームページをご覧下さい

研究課題

  1. アミノ酸、ペプチド、ポリアミン代謝に関する微生物酵素やトランスポーターの立体構造、触媒機構、発現調節機構、生理機能などの解明および食品、医薬、環境などへの応用に関する研究。
  2. 各種ストレスに対する酵母の応答機構の解明と応用。

業績

  1. H. Suzuki, S. Kurihara. Polyamine catabolism in prokaryotes. In Polyamines: A universal molecular nexus for growth, survival and specialized metabolism. Ed. by T. Kusano, H. Suzuki, pp. 47-59, Springer, Tokyo (2015).
  2. A. Takabatake, N. Kawazoe, S. Izawa. (2015) Plasma membrane proteins Yro2 and Mrh1 are required for acetic acid tolerance in Saccharomyces cerevisiae. Applied Microbiology and Biotechnology 99, 2805–2814.
  3. R. Kibe, S. Kurihara, Y. Sakai, H. Suzuki, T. Ooga, E. Sawaki, K. Muramatsu, A. Nakamura, A. Yamashita, Y. Kitada, M. Kakeyama, Y. Benno, M. Matsumoto. (2014) Upregulation of colonic luminal polyamines produced by intestinal microbiota delays senescence in mice. Scientific Reports 4, 4548,
  4. A. Iwaki, S. Izawa. (2012) Acidic stress induces the formation of P-bodies but not stress granules with mild attenuation of bulk translation in Saccharomyces cerevisiae. Biochemical Journal 446, 225-233.

研究室

URL http://www.cis.kit.ac.jp/~hideyuki/bisei/index.html
教授 鈴木 秀之

e-mail:hideyuki[ — at — ]kit.ac.jp

Research gate: https://www.researchgate.net/profile/Hideyuki_Suzuki4

URL http://kityeast.wix.com/kit-yeast-group
准教授 井沢 真吾

e-mail:thioredoxin[ — at — ]kit.ac.jp

Research gate: https://www.researchgate.net/profile/Shingo_Izawa