sp_menu

生体行動科学研究分野

教授 野村照夫

Teruo Nomura, Ph.D. Professor

研究の対象は主にヒト(人間)です。ヒトの行動を様々な研究手法を用いて測定・評価し、ヒトの身体や機能の仕組みの解明に取り組んでいます。主に、生理学的、バイオメカニクス的、心理学的な手法を用いて、統計学に基づいた解析をおこなっています。

研究・教育

スポーツの場面をはじめ日常の生活場面などあらゆる場面でヒトは身体を動かし、行動をおこなっています。人間の行動(Human Performance)には多くの謎や不思議が潜んでいて、この謎に対して、身体の機能(骨格、筋、神経、内臓、姿勢、健康、老化など)、行動を制御する機能(神経-筋機能、呼吸循環機能、エネルギー供給機能、身体的適応能力、運動学習能力など)、行動に関わる環境(運動要因:運動環境や運動刺激、体内要因:栄養・休養・遺伝など、心的要因:不安・達成動機など、社会的要因:情報・生活・文化など)の3つの観点から、総合的な研究を進めています。

研究課題

  1. 身体運動・スポーツパフォーマンスの測定評価に関する研究
  2. 水泳の競技力向上・安全に関する研究
  3. 運動器障害の早期発見・早期予防に向けた身体機能評価の研究
  4. 学校教育における部活動指導や学級指導で使用できる評価法の開発
  5. 伝統職人の身体知に関する研究

業績

  1. Kojima R, Nomura T, Kida N (2016) Expressing joy through hip hop dance steps: focus on new jack swing, Journal of Music and Dance. Journal of Music and Dance 6(1): 1-11
  2. Narita C, Shimode Y, Yamada K, Kida N (2015) Study on the professional identity of Japanese traditional craftspeople: Through interviews with Maki-e craftspeople. Advances in Anthropology 5: 282-293
  3. Matsuda Y, Yamada Y, Ikuta Y, Nomura T, Oda S (2014) Intracyclic Velocity Variation and Arm Coordination for Different Skilled Swimmers in the Front Crawl. Journal of Human Kinetics 44:67-74
  4. Tanigawa T, Terada M, Kataoka H, Matsumoto T, Kamiya M, Taguchi A, Kida N, Nomura T (2014) Evaluation of motion on underwater monofin swimming for novice. Biomechanics and Medicine in Swimming 12:253-257
  5. Nomura T, Goya T, Tanigawa T (2014) Elliptic model for evaluation of tumble turn in swimming. Biomechanics and Medicine in Swimming 12:185-190

研究室

教授 野村照夫

e-mail:nomura[ — at –]kit.ac.jp

准教授 来田宣幸

e-mail:kida[ — at –]kit.ac.jp