sp_menu

生体行動科学

教授 野村 照夫

Teruo Nomura, Ph.D. Professor

 研究の対象は主にヒト(人間)です。ヒトの行動を様々な研究手法を用いて測定・評価し、ヒトの身体や機能の仕組みの解明に取り組んでいます。主に、生理学的、バイオメカニクス的、心理学的な手法を用いて、統計学に基づいた解析をおこなっています。

研究・教育

 スポーツの場面をはじめ日常の生活場面などあらゆる場面でヒトは身体を動かし、行動をおこなっています。人間の行動(Human Performance)には多くの謎や不思議が潜んでいて、この謎に対して、身体の機能(骨格、筋、神経、内臓、姿勢、健康、老化など)、行動を制御する機能(神経-筋機能、呼吸循環機能、エネルギー供給機能、身体的適応能力、運動学習能力など)、行動に関わる環境(運動要因:運動環境や運動刺激、体内要因:栄養・休養・遺伝など、心的要因:不安・達成動機など、社会的要因:情報・生活・文化など)の3つの観点から、総合的な研究を進めています。

研究課題

  1. 身体運動・スポーツパフォーマンスの測定評価に関する研究
  2. 水泳の競技力向上・安全に関する研究
  3. 運動器障害の早期発見・早期予防に向けた身体機能評価の研究
  4. ことばとうごきに関する認知科学に基づく学際的研究
  5. マーカレスモーションキャプチャやアイトラッカーなどを用いた新しい評価法の開発

業績

  1. Watanabe Y, Yamada Y, Yoshida T, Matsui T, Seo K, Azuma Y, Hiramoto M, Miura Y, Fukushima H, Shimazu A, Eto T, Saotome H, Kida N, Morihara T. (2019) Relationship between physical fitness at the end of pre-season and in-season game performance in Japanese female professional baseball players. J Strength Cond Res. 33(6):1580-8.
  1. 甲斐義浩,幸田仁志,山田悠司,三浦雄一郎,福島秀晃,竹島稔,来田宣幸,森原徹(2019)得点化できる肩複合柔軟性テストの考案,肩関節 43(2):411-4
  1. Hiramoto M, Morihara T, Kida Y, Matsui T, Azuma Y, Seo K, Miyazaki T, Watanabe Y, Kai Y, Yamada Y, Kida N, Morifusa S. (2019) Hip, trunk, and shoulder rotational range of motion in healthy Japanese youth and high-school baseball pitchers. Prog Rehabil Med. 4:1-9.
  1. Nomura T, Goya T. (2018) Evaluation the performance characteristics in platform diving. Biomechanics and medicine in swimming 13:408-14.
  1. 北尾浩和,来田宣幸,深田智,中本隆幸,小嶋隆次,萩原広道,野村照夫 (2018)言語的な動作指示の違いがパフォーマンスに及ぼす影響 -ジャンプ動作における関節角度,動作時間および跳躍高の変化について-. 日本感性工学会論文誌 17(2):257-65.
  1. Tasato H, Kida N. (2018) Evaluation of left-right difference of impulse in impact forces at stance phase: comparison of measurements on flat land and stairs. J Phys Ther Sci. 30:525-33
  1. 森英樹,森真理,生田泰志,榎康明,笹川克己,田中繁宏,来田宣幸,野村照夫,家森幸男(2018)炊飯方法の異なる日本型高アミロース米品種「越のかおり」米飯摂取時の血糖応答についての検討-二重盲検無作為化クロスオーバー試験-,日本病態栄養学会誌 21(1):237-46
  1. Watanabe Y, Wakayoshi K, Nomura T. (2017) New evaluation index for the retainability of a swimmer’s horizontal posture. PLoS ONE 12(5):e0177368.
  1. 松井敦典, 南隆尚,  野村照夫 (2017) 日本の水泳教育における着衣泳の普及と取り扱いに関する論考. 水泳水中運動科学 19(1):8-15.
  1. Umezaki S, Kida N, Nomura T. (2017) Assessment of the Visual Behavior of Volleyball Players While Blocking the Ball: A Study Using a Wearable Camera. Int J Sport Health Sci. 15:46-54.

研究室

教授

野村 照夫

e-mail:nomura[ — at –]kit.ac.jp

教授

来田 宣幸

e-mail:kida[ — at –]kit.ac.jp