sp_menu

生物資源フィールド科学研究部門 資源昆虫学

教授 秋野 順治

Toshiharu Akino, Ph.D. Professor

HP

教授 一田 昌利

Masatoshi Ichida (Takahama), Ph.D. Professor

 人類の食を支える一次産業を考える上で、持続的な農生態系利用を図るためには、有用昆虫の利用と有害昆虫の防除は重要課題のひとつです。私たちの研究室では、これらの課題解決を念頭に置き、機能生理学的手法と化学生態学的手法を駆使し、(1)家蚕などの有用昆虫や食草に由来する機能性物質の探索解明、(2)生物農薬として利用可能な潜在的捕食者の真社会性昆虫等に対する行動制御機構の解明、(3)それらの有効活用の3点を目指した基礎的研究をおこなっています。

研究・教育

 機能生理学分野では、家蚕・野蚕の繭層等に由来する機能性物質の解明とその利用を検討するとともに、食餌植物であるクワに由来する有用生理活性物質の利用を目指し、桑に含まれる糖類似アルカロイドを始めとした有用物質の解析と動態を追究しています。
 化学生態学分野では、昆虫種間や個体間、昆虫・植物間に見られる様々な生物間相互作用を研究対象として、各個に関わる行動制御機構を解明します。そのために、生態学的調査手法や行動学的手法に基づくフィールドワークと、微量な生態間情報化学物質を究明するための化学的分離手法や微量物質の機器分析による構造推定法、生理活性評価のための生物検定法構築などのラボワークをこなしながら、対象とする現象解明に取り組みます。

研究課題

  1. アリ・シロアリの情報化学物質による巣内社会制御の機構解明巣仲間・血縁個体の認識因子の究明と、労働分業体制の維持機構と識別因子の究明
  2. 植物の送粉戦略における化学的情報操作の解明送粉昆虫(ポリネーター)の行動制御に関わる植物由来化学因子の究明
  3. 植食性・捕食性昆虫の行動制御要因と対捕食者対抗戦術の解明シロアリ等の対捕食者戦術と、捕食性昆虫の採餌探索や繁殖行動制御因子の究明
  4. 桑植物体における糖類似アルカロイドの貯蔵機構の解明とその有効活用法の検証人にとって有用な機能性物質の桑由来糖類似アルカロイドの効率的回収法探索
  5. 蚕繭層中に含まれる機能性物質の構造・機能解明と利用蚕系統間での抗酸化機能物質の組成比較・構造解析と機能解明と利用法の見当

業績

  1. Takata M, Mitaka Y, Steiger S, Mori N. (2019) A parental volatile pheromone triggers offspring begging in a burying beetle. iScience doi: 10.1016/j.isci.2019.06.041 (First Online).
  1. Mizuno T, Hagiwara Y, Akino T. (2019) Varied effects of attending ant species on development of facultative myrmecophilous lycaenid larva. Insects 10(8):234.
  1. Nakamura T, Harada K, and Akino T. (2019) Identification of methyl 6-methylsalicylate as the trail pheromone of the Japanese pavement ant Tetramorium tsushimae Emery (Hymenoptera: Formicidae). Appl Entomol Zool. 54(3):297-305.
  1. Fujiwara-Tsujii N, Yasui H, Yasuda T, Wakamura S, Akino T, Fukaya M, Suzuki T, Hoshi T, Hagiwara H and Ono H. (2019) Pheromone activity of synthetic contact sex pheromne, Gomadalactones, in male white-spotted longhorn beetle, Anoplophora malasiaca (Coleoptera: Cerambycidae). J Chem Ecol. 45(5-6):440-6.
  1. 花﨑直史・岩佐 郁・藤澤瑞希・高橋康樹・柳川 綾・梶山慎一郎・瀧川善浩・松川哲也・荒井 滋・秋野順治(2019)三枝祭の御神花ササユリLilium japonicumの花香が示す抗菌性 Journal of Aroma Science Technology and Safety 20(2):137-43.
  1. 藤澤瑞希・花崎直史・瀧川義浩・柳川 綾・松川哲也・秋野順治・梶山慎一郎・荒井 滋(2019)三枝祭御神花ササユリLilium japonicum花香が有する心理的なリラクゼーション効果. 生薬学会誌 73(1)1-6
  1. 一田(高濱)昌利(2019)ククコの飼育 蚕糸・昆虫バイオテック 88(1):39-43 
  1. Mizuno T, Hagiwara Y, Akino T. (2018)  Chemical tactic of facultative myrmecophilous lycaenid pupa to suppress ant aggression. Chemoecology 28(6):173-82.
  1. Mizuno T, Hayashi M, Akino T. (2018)  Combined use of two defensive traits in pupae of Scymnus posticalis ladybirds. Ethology 124(7):468-74.
  1. Iida M, Akino T.(2016) Defensive effect of soldier-specific secretion by Reticulitermes speratus (Isoptera: Rhinotermitidae) on the facultative termitophagous ponerine ant Brachyponera chinensis (Hymenoptera; Ponerinae) Appl Entomol Zool. 51:111-6.

研究室

URL https://sites.google.com/site/kitentres/home
教授

秋野 順治

e-mail:t-akino[ — at — ]kit.ac.jp

Research gate: https://www.researchgate.net/profile/Toshiharu_Akino

URL https://sites.google.com/site/kitentres/staff/ichida
教授

一田(髙濱) 昌利

e-mail:ichida[ — at — ]kit.ac.jp